ダディの独り言
クローン病治療の日々と趣味を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緊急出動
今日は昼過ぎに会社の先輩であるK(E)さんが
お見舞いに来てくれました。
どうやら、K(E)さんも体調が優れないようで、
検査のために病院に来て、その帰りに顔を出して
くれたようでした。わざわざありがとうございました。

さて、僕の方の体調はというと、ステロイド治療の
効果もあり、体調が安定したので今日から食事が
再開されました。まぁ、流動食からですけどね。
いやぁ~16日ぶりの食事、長かったねぇ~(^-^;

ということで、朝食から流動食が出てきました。
流動食

朝食は、重湯(うめびしお付)・味噌汁(具無し)
そして、オレンジジュースです。これに加えて、
エレンタールを2袋(約400ml)摂取します。
なんか、よく考えると全部水分やん(-_-;

まぁ、久しぶりにエレンタール以外の味付けを
ゆっくり味わうことができるので、それはそれで
嬉しいことなんですけどね。

ということで、まずは流動食をいただきまして、
その後、ナースステーションに冷やしておいた
エレンタールを取りに行ったんですよ。
で、、、ある事を思い出しました。
「今朝のエレンタール、パイン味オレンジ味だ(^-^;」

そうです、今朝の食事には「オレンジジュース」
付いていたんですよね。しかもちゃんと果汁を
絞ったタイプの美味しいオレンジジュース。

フレーバーが本物に勝てるわけがない(-_-;
エレンタールを先に飲めばよかった( ̄□ ̄;



後悔は「後で悔やむ」から後悔なんです。。。


あとは、無い頭を絞って工夫するしかありません!
で、僕の取った行動は、、、
「カルピス(みかん味)出動!!( ̄O ̄)」
 ※ ごくごく普通の対処法です

結局、カルピスの助けを借りて、エレンタールも
飲みました。いつもより量があるのでしばらくは
膨満感に悩まされましたけど、、、(^-^;
明日からは、ちゃんとメニューを見た後で口を付けよう。

しかし、昨日実家から「麺つゆ」が届いているんですが、
なかなか出番が無いなぁ~。あと、秘密兵器もあるんです。
それは、また後日紹介しま~す。
スポンサーサイト
細身願望!?
今日は実家から荷物が届きました。
以前、頼んでおいた「ダイエットスリッパ」です。
ちなみに正式名称は知りません(笑)
ダイエットスリッパ

思ったより、小さいなぁ~(^-^;
ティッシュボックスの影に隠れちゃいそうです。

早速このスリッパを履いて、病棟内をウロウロしていたところ、
看護師さんの1人が近づいてきまして、雑談になりました。
「今日、このスリッパが届いたんですよ~( ̄ー ̄)」
看護師さん、ダイエットスリッパをマジマジと見て、
「ダイエットするの??(^-^;」

いやいや、確かに一般的にはダイエットが目的ですけど
僕の体は、すでに14キロも体重落ちてますから、
ここからダイエットしちゃうと危なくて仕方ありません。
「いえ、筋肉を自然に鍛えようと思って・・・

病院のベットの上で過ごすと、顕著に筋肉が落ちてくるんです。
かといって、病室で筋トレってのも変ですからねぇ~。
体を酷使して、病状が悪化したら目も当てられないし(-_-;
だからダイエットスリッパを使って、筋肉が落ちないように
したいなぁと思ったわけです。
まぁ、効果が出たら看護師さんにも報告するということで、
その場をあとにしました。

1日ダイエットスリッパを履いて動いてみたんですけど、
なかなか良い感じでフクラハギの緊張感が得られてます♪
履き心地も悪くなく、継続は出来そうです。

1個だけ心配事があって、、、今、2ヶ月ほどまともに
運動してないですから、筋肉が非常に貧困になってるんです。
頭によぎるのは「筋肉痛」。。。3日後とかに筋肉痛が
来たら、マジ凹みするんだろうなぁ~(^-^;

仮に3日後にブログの更新が止まってたら、
筋肉痛になって悲しんでいるんだと思ってください(笑)
ステロイドの恐怖
今日は、KちゃんとMがお見舞いに来てくれました。
思わぬお土産があったので、テンションも上がり気味です。

あと、学生時代からの友達Kからメールがあったので、
折り返しの電話でちょっと話をしました。
どうやらこのブログを見てくれたみたいで、
おもむろに「『モテない男のナンパ塾』は読破した?」
聞かれちゃいました。。。まだ半分残ってます(^-^;
実は、この友達Kは、前述のSちゃんの旦那さんで、
入院当初、すぐにお見舞いに来てくれた一人でした。
お見舞いにもらった「ニュートン」はちゃんと読みましたよ!


さて、昨日の続きですが、ステロイドの話でしたよね。
絶食で炎症が抑えられたのですが、食事を開始したら、
炎症の様子が悪化したので、ステロイド投与が決まった
というところまで書いたと思います。

で、このステロイドがちょっと曲者なんですけど・・・
名前は「プレドニン」っていいます。
って、僕の名前じゃないですよ(^-^;
そんな日本人離れした名前は嫌ですからね~。
ステロイドです。ステロイドの名前が「プレドニン」。

このプレドニンってステロイドは、合成副腎皮質ホルモンを
主成分とするもので、炎症やリウマチの症状を抑える薬
として投与されるんです。
しかし、副作用の中には怖いものもあるんですよね。
(良く効く薬は、副作用も怖いらしいです・・・。)
ちょっと僕が気になるのだけ列挙してみます。

■感染抵抗力が低下する。
つまり、感染に対する抵抗力が低下するんです。
って、そのままやん!(^-^;
まぁ、風邪をひきやすくなったり、通常では罹らない
病気になりやすいということです。
これが元で、僕は軟禁状態に陥ってます。

■ムーンフェイス
これは、顔のむくみが激しくなるんですよね。
ステロイドの投与を中止すれば良くなるようです。
まっ、入院前、現在より14キロ太っていた事を思えば
そんなちょっと顔が腫れるくらい・・・って感じです。

■その他(毛が濃くなる)
これは、結構気になります。ステロイドを打つ/打たないに
関係なく、すでに僕は毛が濃いんですよ(^-^;
腕の毛が「草原」から「密林」になったらどうしよう。。。
アリとかが迷い込んだら出てこれなくなるのかなぁ?(苦笑)
・・・って、そんなには濃くならんやろ!でも、ちょっと気になる。

そういうわけで、ステロイド、怖い薬なんですよね。
特に「毛が濃くなる」あたりなんて、すごく。。。

で、一番上に書いた「感染抵抗力が落ちる」ということで、
人がたくさんいる所は僕にとって危険区域になるんです。
それなら人がいないところに「隔離しちゃえば良いんだ!」
という事で、個室に入って外との接触を最小限にしている
状態です。まぁ、マスクをして病棟内を歩き回ってますけどね。

この状態、いつまで続くことやら。。。
食事開始、嬉しいはずが・・・。
今日の仙台は大雨でした。
まぁ、おかげで涼しい1日だったようです。
体調の方は変化もなく、非常に安定してます。
安定してないのは「精神」ぐらいです(^-^;
だって、軟禁状態ですからねぇ~(苦笑)


さて、順調に回復してたはずだったんですけど、
なぜ軟禁状態になったか、経緯を書いておこうかな。
ということで、またまたちょっと前の昔話です。

前回の「サプライズ!」とは時期が前後しますが、
炎症の度合いを示すCRP値が標準値に入って、
食事を始めたのは7月4日のことでした。
最初は消化に良い五分粥と野菜の煮物を中心に、
脂質が入らない食事が出てました。
長い間食事をしてなかったら、けっこう感動します(笑)

そういう食事が1週間続き、CRP値も変動がないので、
お粥がご飯にランクアップ。おかずにも魚や豆腐が
交互に出されるようになりました。

そうそう、食事には必ず献立表がついてくるのですが、
そこに「五分粥、味噌汁、煮物」などと書いてあり、
使われた材料なども記載されているんです。

ある日、「煮物(ニン・タマ)」って書いてある
献立が運ばれてきたんですよね。
で、それを見て「タマゴなんて久しぶりだぁ♪」って
喜んだんです。フタを開けてみるまでは・・・。
病院の食事(ニン・タマ)

そうです、タマゴじゃなくて、タマネギだったんですよね。
分かった途端、妙に凹む。テンション下がりまくりです(-_-;
なぜ気付かなかったんだろう、自分!って感じでした。

でも、まぁうちの病院の病院食って、珍しく美味しいんです。
だから大きな不満も無く食べてたのですが、、、
お粥からご飯に変わった2日後、それまで変わらなかった
CRP値が突如上昇しました。0.1が0.6に・・・。( ̄□ ̄;

さらにその3日後の採血では、0.6が1.2に上昇!!
これ、、、多分これ以上待っても下がらないよ~(-_-;

そこで、主治医の先生と相談した結果、、、
「ステロイドを使いましょう!」との結論が出ました。
まぁ、クローン病の治療法にステロイドを使うってのは、
効果があるのは分かってますし、通常、絶食をしても
十分炎症が治まらない場合は、ステロイドを使うんです。

僕は運良くというか、運悪くというか、絶食で炎症が
治まっちゃったんですよね。だから食事を始めたのですけど。
炎症が復活しちゃったものですから、次の治療にステロイドを
使うというのも当然の成り行きだと思います。

ということで、ステロイドの投薬が始まりました。
ただし、、、このステロイドがなかなかの曲者です。

どのくらい曲者かってことは、次回詳しく書こうと思います。
サプライズ!
今日は実家から電話がかかってきました。
というのは、以前頼んでいた「ダイエット用スリッパ」と
「麺つゆ」を送ってくれるというお知らせでした。
ちなみに麺つゆは、、、飲用です(^-^;
ダシ醤油だとショッパイからねぇ~。。。
日曜に届く予定です。楽しみ♪


さて、またまたいつもの昔話です。
あれは7月7日(金)、七夕の日でした。
夕方6時過ぎでしょうか、同期Nが病室に顔を出しまして、
「ご飯終わった?待合室で待ってるから・・・」と声を掛けて
病室を出ていきました。
そこでNのあとを追いかけて待合室まで行くと、そこには
Nの奥さんの姿がありました。
まさか奥さんまでお見舞いに来てくれるとは思ってなかったので、
驚きながらも入院の様子を話して盛り上がっていたんです。

20分程度経った頃でしょうか、、、
なんか、ふくらはぎがスースーする。っていうか冷たい!(^-^;
足元を見ると、よくよく知った人物が僕の足に缶ジュースを
押し付けています(^-^;
しかも、今日、この時間、ここにいるはずがない人物!!
埼玉在住の同期Sです。

「なっ・・・あっ・・・どっ・・・えぇーーーっ?!( ̄□ ̄;」
 ※人間心底驚くと、言葉は出てこなくなります

まじまじと同期Sを見ながら
「ど、、、どうしてここに??っていうか、ここ仙台だよな?(^-^;」
 ※人間心底混乱すると、自分の居場所を確かめたくなります

混乱しつつも同期Sがお見舞いに来てくれたことは理解できたので
素直にお礼を伝えて、、、足元に落としていた視線をテーブルに
戻すと、テーブルのそばに立っているお兄ちゃんがいます。

ふと、そのお兄ちゃんを見上げると妙に親近感のある顔です。
つい、一瞬そのお兄ちゃんと見つめ合っちゃいました。(*^o^*)ポッ!
って、茨城在住の同期Uじゃん!!いつ現れたの???

そりゃ同じ釜の飯を食べた同期ですから、親近感があるのも
当然です。
Uいわく「気がつかんかった??( ̄ー ̄)」
・・・って、気がついてたらこんなに驚かんよ!(-_-;

もちろん男同士、見つめ合っても心は揺らぎませんので(^-^;
 ※念のため、注釈つけておきました(笑)

ネタを明かすと、7月7日(金)は会社の創立記念の振り替え休日。
そこで仙台のN夫妻を筆頭に、埼玉のSと茨城のUが密かに
「突然お見舞いに来て驚かす」という計画を立てて、見事実行!
そして、僕は見事にひっかかっちゃったわけです。

持つべきものは同期です。ホントありがとう。
しかも、SとU、お見舞いに来てくれただけでなくて、
いまだ独り者で春の来てない僕のために
しっかりと暇つぶしまで準備してくれてました。
その名も「モテない男のナンパ塾」という書籍(笑)
お見舞いの本


ケーキ屋に行っても、1個2個買うのが恥ずかしくて
「この5つをプレゼント用にお願いします」と頼むしか
できない小心者の僕に、ナンパの指南本ですか?( ̄□ ̄;
しかも「ちゃんと活用するように!」って、そんなムチャな!
まぁ、とりあえず読むには読んでみます。それで許して?(^-^;

その他にも、名車コレクションとか、折り紙で作った置物とか
○○本とか(謎)、たくさんのお見舞い品を頂きました。
それぞれ、ちゃんと使わせてもらいますよぉ~。

そんなこんなで、思わぬところで同期の顔ぶれを見ることができ、
非常に満足な1日でした。
しかし、とても嬉しい反面、とても悔しかったのは気のせいでしょうか?
小細工
今日も体調の変化がなく、ほのぼのとした一日でした。
あっ、夕方、学生時代からの友人のSちゃんと電話で
話をしました。入院当初、すぐにお見舞いに来てくれて、
その後も色々と気にかけてもらってます。ありがとう。


さて、昔話の続きですが、、、忘れもしない6月27日
とうとうエレンタールを飲むようになりました。
が、最初の一口はエレンタール臭に撃沈しました。
しばらく口の中が生のジャガイモでした(-_-;

そこで安直な僕は、少しでも飲みやすくするために
ヨーグルトのフレーバを飲みかけのエレンタールに投入!
しかし、、、生温いエレンタールの匂いは変わらず、
生のジャガイモにヨーグルト風味がついただけ。
をいをい、味変わんないのかよ・・・(ToT)

次の日、前日の失敗を糧に、冷やしてみることに。
確か、ブログでエレンタールを冷やして飲んでる
クローン患者さんがいたと記憶してたんですよね。
ということで、病室のエアコンのところに持っていって、
冷やすことにしました。もちろんフレーバー入りです。
すると、意外に飲みやすくなりました♪

で、昼用のエレンタールをナースセンターに持って行って
「これ、冷蔵庫で冷やしてもらえませんか?」
とお願いしまして、昼に飲んでみると、、、
イイジャン、冷やすと大丈夫ジャン( ̄ー ̄)
まぁ、多少エレンタール臭さはあるのですが許せる範囲。

でも、ここまで飲みやすくなったのだから、あともう一歩
 ※ 人間の欲って限りがないようです。。。

そこで、、、
「各種のカルピスぅ~!!(ドラえもん調に)」
カルピス

ということで、ヨーグルトフレーバを入れたあと、
カルピスをちょこっと垂らすと、口に入れた時の
エレンタール臭が非常に緩和されるんですよ。
カルピスには脂質が入っていませんしね♪
(まぁ、みなさんすでにご存知でしょうけども・・・)

あっ、当然エレンタールは冷やしてますよ~!

病院で出来る工夫もたかが知れてるので、
とりあえず今のところはカルピス止まりですが、
今後も色々と試してみたいなぁと思ってます。

そうそう、僕個人の好みを書いておくと、エレンタール一袋と
フレーバーを一本を水で溶いて、200mlになるようにすると、
フレーバーの風味が強くなって飲みやすくなります。
ちなみに、使ってるフレーバーは、ヨーグルト、コーヒー、
グレープフルーツ、オレンジ、パインの5種類。
梅と青りんごは、個人的に合いませんでした。

では、入院生活の続きはまた次回で・・・。
対峙!
今日はステロイド治療を始めて1週間経過ということで、
採血をして血液検査をしました。
結果は、炎症の度合いを示すCRP値が0.05未満となり、
標準値に入ってくれました。もうじき食事開始予定です♪


さて、引き続きおなじみの昔話です。
入院から3週間後、CRP値が正常になりました。
そこで、始めは成分栄養剤を使って口から栄養を摂っていき、
徐々に食事に戻していくことになりました。
まぁ、絶食3週間した後で、突然ご飯を食べたら胃がびっくり
しちゃうでしょうしねぇ~(^-^;

僕は以前「ラコール」という成分栄養剤を飲んでいまして、
主治医も、再びこのラコールを薦めてくれたのですが、
この成分栄養剤は、ご飯に比べたら残渣は少ないものの、
多少の残渣があると聞いていました。
さらにいうと、この「ラコール」よりも残渣の少ない(無い?)
成分栄養剤があることも知ってました。

そこで、試しに残渣の最も少ない成分栄養剤も飲んでみたいと
思いまして、主治医に相談してみたんですよ。

「先生、エレンタールをちょっと試してみたいんですが・・・」

先生、ちょっと固まる・・・。
(どうやら僕は、主治医を頻繁に固まらせてるようです)
「良いですよ、エレンタール。頑張ってください(微笑)

先生が固まるのには理由があります。これがエレンタールです。
エレンタール

このエレンタール1日6袋、計1800キロカロリーを水に溶かして
飲むのですが、不味いんです。それもとてつもなく・・・。

成分栄養剤は続けることが重要なので、主治医としては
不味くて続かないという事態は避けたいんですよ。
だから、比較的飲み易いラコールを薦めてくれたのに、
僕から不味いエレンタールの言葉を聞くとは想像して
なかったようです。

まぁ、不味いといっても、フレーバーという匂い隠しもあって、
それなりに素のエレンタールよりは飲み易くなってます。
しかし、あえて僕はそのまま飲んでみることにしました
 ※ 臭い物はとりあえず匂ってみたいし、不味い物って聞くと
   ちょっと試してみたくなりません?僕だけかなぁ~(^-^;

ということで、水で溶いて、まずはそのまま一口、
ゴクッ、、、「ウッ・・・( ̄□ ̄;」
やっぱ・・・やめておけば・・・良かった・・・かも(ToT)

思い切り、ジャガイモくさいんです。しかも生のジャガイモ。
さらに、水で溶いたつもりが、ぬるま湯で溶いていたため、
匂いの刺激も加わって、、、うぅ。。。手強いぞ、エレンタール!

ということで、素直にフレーバー(色んな味がある)を入れて、
今ではキンキンに冷やして飲むようにしてます。
冷やして飲むと、匂いも味も気にならなくなりました。
あと、ちょっとした小細工もしてるのですが、それはまた今度。
暇つぶし1
今日は、実家のお袋に頼んでダイエット用のスリッパを
買ってもらいました。踵の部分が切れてるスリッパです。
というのは、入院中はほとんど動かないので、段々と
筋肉が衰えてくるんですよね。
なので、少しでも筋肉を鍛えようかなぁ~と思いまして。。。
いつ届くのかなぁ~( ̄ー ̄)


さて、今日は昔話ではなく、入院中の暇つぶしについて書きます。
僕に限らず、入院中ってよっぽど体調が悪い人を除いて、結構
暇を持て余すと思うんですよね。
で、僕が病院に持ち込んだ暇つぶしの1つは、単行本でした。
つまりは読書です。非常にありきたりですが(苦笑)
ということで、「暇つぶし1」として読んだ本を紹介してみま~す。

入院当初に持ってきた本は、
■ 「ブレイブストーリー」 上・中・下 宮部みゆき著
■ 「ぼんくら」 上・下 宮部みゆき著
でした。
宮部みゆきさんの本は、昔友達に薦められて読み始めたのを
きっかけに、ずっと好きな作家さんなんです。
「ブレイブストーリー」は今回映画化されましたが、どちらかというと
子供向けですね。ロールプレイングゲームが好きな人ははまるかも。
「ぼんくら」は、時代物というか捕り物帖って雰囲気が漂う話です。
面白かったので、両方とも一気に読破しちゃいました。

あと、お見舞いとして友達が持ってきてくれた本に
■ 「白夜行」 東野圭吾著
■ 「親指探し」 山田悠介著
があったのですが、白夜行、、、ミステリー小説です。
これ面白かったです。ホント。800ページくらいあるのですが、
これも一気に読みました。話が進むにつれて、どんどんと
見えなかったパーツが浮かび上がってくる流れが見事でした。
それと、「親指探し」は、これも映画化されますね(^-^;
ホラー小説ですが、思ったほどは怖くなかったなぁ~。

そうそう、思い出した。あともう一冊面白い本があったんです。
会社の先輩から借りた本なんですが、
■ 「恐るべきさぬきうどん」 麺通団著
これ、すごくはまりました。讃岐うどんの店を紹介する本なのですが、
テンポが良くて、香川県を知らなくても楽しめます。
ちなみに、僕は絶食中だったのですが、うどんの味やコシを
想像しながら一気に読んじゃいました。

日頃ゆっくりと読書をする時間が持てなかったので、
こうして久しぶりに読書をすると充実感がありますね。
ということで、僕が面白かった単行本紹介のコーナーでした♪

では、続きは次回!
その日の内で良かった(≧▽≦)
日曜の今日は、会社の先輩であるKさんがお見舞いに
来てくれました。ありがとうございます。
あと、久しぶりに妹と電話で話をしました。
どうやらお袋経由でこのブログの話が妹の耳に入ったようです。
まぁ、その内連絡しようと思っていたので、ちょうど良かった。


さて、恒例の昔話です。
入院から1週間経った6月13日に、2つの変化がありました。

ひとつは、血液検査の結果、値が劇的に良くなりました。
体の炎症度の指針となる「CRP値」という値があるのですが、
通常0.0~0.4が標準値となるところ、僕の入院直後の値は
8.73というかなり高い値でした。
つまりは炎症だらけだったわけです。
この値が1週間の絶食の結果、1.9まで下がってきました(喜)
いやぁ、絶食って効くのねぇ~(しみじみ)

もうひとつは、点滴の管を挿し込む場所が変わりました。
これも腕にするのが一般的というイメージがあるのですが、
どうやら長期間腕から点滴をすると、血管が炎症を起こすらしい。
そこで、中心静脈という太い血管に管を通すということでした。
ただ、、、中心静脈に管を通すには、右胸の鎖骨の下辺りから
管を入れないといけないんです。しかも結構な長さの管(^-^;
専門用語で「カテーテル」という物なんですけど。。。

で、右胸に麻酔を打ってカテーテルを無事挿入。
「これで腕の点滴が無くなったので寝返りが打てる(喜)」
と思っていたのも束の間、病室に戻ると右肩に激しい痛みが、、、
看護師さんに相談してみると、「きっと筋肉痛ですね」との回答
どうやら、無意識の内に右肩と右胸にすごく力が入っていたらしく
一気に筋肉痛になったらしい(-_-;
筋肉痛、その日の内に来てくれてヨカッタァ~(≧▽≦)
しかし、、、これって喜ぶところか?(^-^;

まぁ、こうして他愛も無いことに一喜一憂しながら、僕の入院生活は
続いて行ったのでした。

続きはまた明日。
勝訴!?
今日は土曜日ということもあり、FさんとKちゃんの
二人がお見舞いに来てくれました。いつもありがとう!

しかし、ステロイドってすごいんですねぇ~。
昨日は「ハウルの動く城」を11時半まで見て、
さらに今朝は5時に目が覚めた後、昼寝もせずに
ずっと起きてるんですが、まだ眠くならない。
まぁ、今日はちゃんと寝ますけどね。


さて、またまた昔話に入ります。
6月7日、朝9時に病院に到着して、病室に案内されました。
近年クローン病の治療にもいくつかの方法が出てきたようですが、
僕の場合は、絶食をして腸の運動を休ませることで、炎症や
潰瘍を落ち着けるというところから始めました。

まぁ、絶食だと薬の副作用に頭を悩ますことがほとんど
無いですから。。。あっ、ただし、栄養は点滴で体に
入れないといけないので、仕事の面や行動範囲の面で
副作用は大きいかも知れません(^-^;
で、絶食を始めたわけですが、何が辛いって、人間の体って
少しばかり絶食をしたからといって、劇的に変化があるわけじゃ
ないということです。少なくとも2週間~1ヶ月の様子を
見ないと、炎症が治まらないんです。

ということで、僕も絶食3週間コースが始まりました。主治医から
スポーツドリンクの許可は得ていたので、それを飲みながら絶食を
進めていきました。
入院3日目、主治医から「飴やガムは食べても良いんだよ」との
言葉が、、、それならそうと初日から教えてくださいよぉ~(-_-;

ちなみに、同じ飴でも脂質が入ったものは腸に負担がかかるので
やめた方が良いみたいです。純粋に糖だけで作られた飴なら、
小腸の上部で吸収されるため、負担も少ないとの事。。。
つまり、クローン病の食事は「腸に負担をかけない」ことが
重要みたいです。

こんな生活が1週間続くと、飴やガムで舌がだるくなってきます。
そこで、無い頭を一生懸命使って考えました。そして、ついに
「先生、相談なんですが、醤油や塩を舐めたらダメですか?」
醤油や塩は脂質が含まれてないので、大丈夫だと思ったんです。

主治医の先生、僕の言葉を聞いて一瞬固まる。。。
「良いですよ。気持ちは分かります(笑顔)」
※ 笑顔っていうか、爆笑??(^-^;

こうして無事許可を得たので、友達に醤油と塩を持って来てもらい、
多少なりとも僕の入院生活はレベルアップ(?)しました。
オススメは、「ダシ醤油」です。一気に気が紛れます(笑)

ふぅ、、、書いてて思ったけど、貧乏くさいなぁ~。。。
そりゃ、先生も笑うよね。

では、続きは次回で!
魔の3ヶ月 -そして入院へ・・・-
今日も1日終わりました。いやぁ、入院って窮屈ですね。
しかも、今はステロイド治療をしているところなので、
入院当初よりもさらに行動範囲が狭まってます。
まるで、散歩に連れて行ってもらえない犬状態です(-_-;


さぁて、昔話の続きですが、下血から3ヶ月間放置した後、
ようやく病院に行って診察を受けたわけですが、、、
貧血まで出ちゃってますから、結構なダメージを受けてるわけです。
段々と血の量も増えてくるし、痛くて歩くのも大変な時期もありました。僕自身の感覚だと
「どうやら切れてたのが、裂けた??( ̄□ ̄;」
ってな感触だったんですよね。
「手術かぁ?痔の手術ってはずかしいなぁ(-_-;」
なんて考えてました。

切れてるだけだと思ってましたから、毎晩晩酌はしてましたし、
フライとか唐揚げとか、肉もガッツリ食べてましたねぇ・・・。
貧血も出てたので、たまにレバーを食べたりもしましたが、
効果はありませんでした。(今考えれば当然なんですけど)
それでも、まだお気楽に考えてたんですよね。

が、、、内視鏡を入れてみると、大腸の至る所に炎症と潰瘍が
結構あるじゃないですか、、、
軽くショックを受けてる僕をよそに、主治医の先生は内視鏡を
進ませます。
「ここにも、、、あっ、ここにもあった。これはすごいねぇ」
って、なんか、先生ちょっと発見を楽しんでません??(^-^;
 ※注: 先生はいたって真面目に検査されてました(念のため)


そんなこんなで「クローン病です」と決定しちゃいました。
(今後詳しく書きますが、クローン病とは小腸・大腸に炎症および
 潰瘍が出来てしまう病気です。)

でもでも、まだ仕事は忙しい状態だったんですよ。
まぁ、今思えば体の方が大切なんですけどね。。。
でも、その時は「仕事」って思っちゃってたので、、、
クローン病と言われても、すぐに入院はしたくなかったんです。

で、無理を言って、通常の治療とは順序が違うのですが、
小腸・大腸を休ませるために残渣が少ない(便になりにくい)
ラコールというプロテインに似た味の成分栄養剤を飲んで、
仕事を続ける事にしました。

しかし、結局状態が改善されることはなく、逆に体重が14キロも
落ちたので主治医の先生と日程を相談しながら、とうとう
入院することになりました。

入院日は6月7日。
下血で診断を受けてから、およそ2ヵ月後の入院でした。
つまりは、下血から5ヶ月も放置してたわけですね。
やっぱ、変わった症状が出た時には、すぐに検査をするべきです。


さて、次回からは入院生活について書いて行こうと思います。
思い返せば・・・
さて、昨日から始めたブログ。内容をどうしようかと思案した結果、
まぁ、普通通りに成り行きから書いた方が分かりやすいので、
昔話から始めましょう。

あれは、今年の1月だったと思いますが、、、
ムチャクチャ仕事が忙しい時期だったんですよ。
ある日、トイレで下血している事に気がついたんですよね( ̄□ ̄;

「見なきゃ良かった(-_-;」と思っても、見ちゃったもんは仕方がない。
ということで、下血は無視して仕事に行きました
だって、仕事が非常に忙しかったんですもん。。。(^-^;
あと下血以外にも、当時は頻繁に下していたんですけども、
それも「毎晩飲み過ぎだからなぁ~」程度で気にしていませんでした。

っていうか、学生時代にも軽く下血したことがありまして、
その時はしばらく放置していたら勝手に治ってくれたので、
今回も「切れたか?」程度の軽い気持ちでいました。
しかし、いくら待っても下血が止まりそうな気配は感じられません。
下すのも収まる気配がございません(-_-;
その内、とうとう貧血が始まりました。(これは、ヤバイ??)

もっとほうれん草をたくさん食べないと・・・
なんて言ってる余裕はなく、仕事はさらに忙しくなるわ、
貧血気味で仕事中に眠くなるわ、運転中に眠くなるわ、
夜は当然眠くなるわ、で、とうとう病院のお世話になりました。

下血開始から、病院のお世話になるまで、およそ3ヶ月、、、
この期間、どういう生活をしていたのかは次回に書きます。
中途半端だけど・・・
今更ながらブログを始めてみました。

というのは、現在クローン病という病気治療のため、
入院しているのですが、入院が1ヶ月半延びて
少し暇を持て余したため。。。

まぁ、入院前のことから少しずつ書いていければ
良いかなぁと思ったりしています。
いつまで続くことやら・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。