ダディの独り言
クローン病治療の日々と趣味を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝訴!?
今日は土曜日ということもあり、FさんとKちゃんの
二人がお見舞いに来てくれました。いつもありがとう!

しかし、ステロイドってすごいんですねぇ~。
昨日は「ハウルの動く城」を11時半まで見て、
さらに今朝は5時に目が覚めた後、昼寝もせずに
ずっと起きてるんですが、まだ眠くならない。
まぁ、今日はちゃんと寝ますけどね。


さて、またまた昔話に入ります。
6月7日、朝9時に病院に到着して、病室に案内されました。
近年クローン病の治療にもいくつかの方法が出てきたようですが、
僕の場合は、絶食をして腸の運動を休ませることで、炎症や
潰瘍を落ち着けるというところから始めました。

まぁ、絶食だと薬の副作用に頭を悩ますことがほとんど
無いですから。。。あっ、ただし、栄養は点滴で体に
入れないといけないので、仕事の面や行動範囲の面で
副作用は大きいかも知れません(^-^;
で、絶食を始めたわけですが、何が辛いって、人間の体って
少しばかり絶食をしたからといって、劇的に変化があるわけじゃ
ないということです。少なくとも2週間~1ヶ月の様子を
見ないと、炎症が治まらないんです。

ということで、僕も絶食3週間コースが始まりました。主治医から
スポーツドリンクの許可は得ていたので、それを飲みながら絶食を
進めていきました。
入院3日目、主治医から「飴やガムは食べても良いんだよ」との
言葉が、、、それならそうと初日から教えてくださいよぉ~(-_-;

ちなみに、同じ飴でも脂質が入ったものは腸に負担がかかるので
やめた方が良いみたいです。純粋に糖だけで作られた飴なら、
小腸の上部で吸収されるため、負担も少ないとの事。。。
つまり、クローン病の食事は「腸に負担をかけない」ことが
重要みたいです。

こんな生活が1週間続くと、飴やガムで舌がだるくなってきます。
そこで、無い頭を一生懸命使って考えました。そして、ついに
「先生、相談なんですが、醤油や塩を舐めたらダメですか?」
醤油や塩は脂質が含まれてないので、大丈夫だと思ったんです。

主治医の先生、僕の言葉を聞いて一瞬固まる。。。
「良いですよ。気持ちは分かります(笑顔)」
※ 笑顔っていうか、爆笑??(^-^;

こうして無事許可を得たので、友達に醤油と塩を持って来てもらい、
多少なりとも僕の入院生活はレベルアップ(?)しました。
オススメは、「ダシ醤油」です。一気に気が紛れます(笑)

ふぅ、、、書いてて思ったけど、貧乏くさいなぁ~。。。
そりゃ、先生も笑うよね。

では、続きは次回で!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。