ダディの独り言
クローン病治療の日々と趣味を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親指
今日は採血がありました。
結果、CRPは0.05以下という事で、
明日から全粥がご飯に変わります
調子は良好です( ̄▽ ̄)

次の採血は金曜日。この採血の結果が良ければ
ステロイドの更なる減量が決定します。
30mgになったら外出OKらしいです♪

さて、今日はそんな採血の時の話。。。

僕、前から気になってたんですけど、
採血のときに腕をしばるじゃないですか?
で、その後に、看護師さんに必ず
じゃあ、親指を中にして握ってください
って言われるんですよね。

これ「なんで親指が中じゃないとダメなの?」
というささやかな疑問を持ってたんですよ。
何か理由があるのかなぁ~って。。。

そこで、今日の採血のときに聞いてみました。
そしたら、、、


「親指を中にして握ったほうが、
    こぶしを握りやすくないですか??」




「それって、理由はそれだけですか?(^-^;」




それだけです(きっぱり)




どうやら、それだけなんだそうです。。。


僕は、もっと他に、、、例えば親指が筋肉に連動して
注射をしやすくなるとか、そんなすごい理由があると
思っていたんですけども、それだけなんですか?(^-^;

聞いてみると、意外にあっけない回答だったなぁ(-_-;
あっ、でもこぶしを握るって事自体には血管を浮かせる
という立派な大義名分があるようです(笑)
 #書かなくてもみなさん知ってますよね(^-^;
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。