ダディの独り言
クローン病治療の日々と趣味を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
退院後
出ました~。今日は『冷奴』でした~♪
これでまた『あんかけ』だったら、相当の
つわものだなぁ~と思ってましたが、
無事メニューが変わりました(≧▽≦)

ステロイドの量は月曜から変わるので、
今日は40mgのままです。変化がありません。

で、そろそろ退院後のことも考えたほうが
良いなぁと思って、今日は料理のことを考えてました。

というのは、やはりクローン病にとっては『自炊』
必須になってきます。自分の体調に合わせた食生活を
自分自身で管理しないといけませんから・・・。
まぁ、元々料理は嫌いではないので、良いんですけどね。

で、いろいろ体に合ったメニューを考えてました。
ちなみに、現状の食事制限はどういうものかというと、
・繊維質のものは控える
・魚は週一回程度(当然肉は頭には入ってません)

という感じです。

繊維質は、やはり腸管で水分を吸収して膨らむので、
残渣(ざんさ;便の事)になりやすいですから、
緩解(かんかい;炎症や潰瘍が治まった状態)に
なるまでは注意をした方が良いみたいです。
あっ、水溶性の繊維であるペクチン(桃などに含まれる)
これには当てはまらないと思われます。

一説には、繊維質って腸内細菌の善玉菌の栄養にも
なるらしいので、ある程度の量の繊維質は摂取した方が
良いという考え方もあるようです。

魚は、特に青魚にω-3系の多価不飽和脂肪酸という
脂質が含まれていて、このω-3系の脂質には炎症を
抑制する効果
があるようですから、摂取したい所ですが、
僕の場合は、退院後に大腸内視鏡検査をして、緩解を
確認できるまでは、とりあえず週一回で制限するようです。

ちなみに獣肉(牛・豚)にはω-6系の多価不飽和脂肪酸が
含まれていて、こちらはω-3系とは逆に、炎症を増長する
働き
があるようです。
 #当然クローンの人はご存知だと思いますので、
  今更書くまでもないとは思いますが・・・。

ということで、結局家に帰っても、食べれるものというのは、
病院食とほとんど変わらんということですね。
野菜を柔らかく煮た物とか、豆腐とかそういう物です。
病院で出たものを、そのまま使うって事で良いかもしれません。


ってことは、、、家でも豆腐のあんかけ3連続??( ̄□ ̄;
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。