ダディの独り言
クローン病治療の日々と趣味を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
焼き豆腐の梅シソ乗せ
今日の仙台は比較的涼しい1日でした。
体調も安定していてイイカンジです。
ただ、ちょっぴり疲れが出てます(^-^;

なので、用事は銀行に行くくらいにして
あとはのんびり家で過ごしてました。

で、今日の気分なんですが、久しぶりに
ささみ食べたい病」にかかりました(笑)
でも、動物性タンパクは、まだ控えないと
いけないので、ガマンガマン・・・(-_-;

ということで、今日の夕食は
8月28日夕食

・ごはん 100g
・白菜、玉ねぎ、葱、ジャガイモ、トマトのコンソメ風
(昨日のスープの残りにトマトを入れて味を調えました)
焼き豆腐の梅シソ乗せ
・里芋とニンジンの煮物
・小松菜の煮浸し

カロリー:476kcal
脂質:9.3g
繊維:7.9g

でした。この「焼き豆腐の梅シソ乗せ」が
ささみ梅シソ」の代わりです(^-^;
イイカンジに酸味があって、美味しかったです。

簡単に作れますし夏向きなのでレシピを書いておきますね♪

準備物(1人分)
 もめん豆腐 200g(半丁)
 梅干 35g(5~7個分)
※「かつお梅」か「はちみつ梅」があまり酸っぱくなく良いです
 青じそ 2枚
 ダシ醤油 大さじ1杯

1.種を抜いた梅干を包丁で叩いて細かくする
2.青シソ2枚をみじん切りにして、「1.」と混ぜる。
3.もめん豆腐に皿などで重しを乗せて、軽く水抜きをする。
4.「3.」の豆腐を適当な大きさに切る。
5.テフロン加工のフライパンを熱して、「4.」の豆腐を
  フライパンに入れて、各面を焼く。
  ※1面に対して2~3分程度で焼き目が付きます
6.全ての面に焼き目がついたら、豆腐にダシ醤油をかけて
  軽く味付けをする。
  ※この時に、あまり時間をかけると醤油が焦げて、豆腐が
   焦げ臭くなります。手早く豆腐を取り上げる方が良いです。
7.「2.」で作った梅シソを「6.」で作った豆腐の上に乗せる。

で、出来上がりです。
焼き豆腐の梅シソ乗せ

この「焼き豆腐の梅シソ乗せ」の栄養成分は
素人計算で計算すると
カロリー:179kcal
脂質:8.6g
繊維:2g

となりました。
あくまでも素人の計算なので参考値という事で。。。(^-^;

明日辺りは魚が食べたいなぁ~(-_-;
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。