ダディの独り言
クローン病治療の日々と趣味を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その日の内で良かった(≧▽≦)
日曜の今日は、会社の先輩であるKさんがお見舞いに
来てくれました。ありがとうございます。
あと、久しぶりに妹と電話で話をしました。
どうやらお袋経由でこのブログの話が妹の耳に入ったようです。
まぁ、その内連絡しようと思っていたので、ちょうど良かった。


さて、恒例の昔話です。
入院から1週間経った6月13日に、2つの変化がありました。

ひとつは、血液検査の結果、値が劇的に良くなりました。
体の炎症度の指針となる「CRP値」という値があるのですが、
通常0.0~0.4が標準値となるところ、僕の入院直後の値は
8.73というかなり高い値でした。
つまりは炎症だらけだったわけです。
この値が1週間の絶食の結果、1.9まで下がってきました(喜)
いやぁ、絶食って効くのねぇ~(しみじみ)

もうひとつは、点滴の管を挿し込む場所が変わりました。
これも腕にするのが一般的というイメージがあるのですが、
どうやら長期間腕から点滴をすると、血管が炎症を起こすらしい。
そこで、中心静脈という太い血管に管を通すということでした。
ただ、、、中心静脈に管を通すには、右胸の鎖骨の下辺りから
管を入れないといけないんです。しかも結構な長さの管(^-^;
専門用語で「カテーテル」という物なんですけど。。。

で、右胸に麻酔を打ってカテーテルを無事挿入。
「これで腕の点滴が無くなったので寝返りが打てる(喜)」
と思っていたのも束の間、病室に戻ると右肩に激しい痛みが、、、
看護師さんに相談してみると、「きっと筋肉痛ですね」との回答
どうやら、無意識の内に右肩と右胸にすごく力が入っていたらしく
一気に筋肉痛になったらしい(-_-;
筋肉痛、その日の内に来てくれてヨカッタァ~(≧▽≦)
しかし、、、これって喜ぶところか?(^-^;

まぁ、こうして他愛も無いことに一喜一憂しながら、僕の入院生活は
続いて行ったのでした。

続きはまた明日。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daddycd.blog56.fc2.com/tb.php/5-7ab7109a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。